なんで子供は野菜を食べないの?子供の野菜嫌いを克服する方法

子供の野菜嫌いを克服する方法は?

悩んでる人
悩んでる人

 

  • 子供が野菜を食べてくれない
  • 野菜だけ器用によけて食べる

こんな悩みを解決する記事を書きました。

好き嫌いせずバランスよく食べてほしいと願っても、子供はなかなか思うとおりに食べてくれませんよね。あまり野菜不足になると、子供の健康も心配です。

「なんで子供は野菜を食べないんだろう?」
「子供に野菜を食べさせるいい方法はないかな?」

など、色々と思い悩んでしまいます。

そんな方に、この記事では『子供が野菜を食べない理由』や『子供の野菜嫌いを克服する方法』についてお伝えしていきます。

子供の野菜嫌いを克服する方法を見る>>

子供が野菜を食べない理由

野菜嫌いの子供

子供が野菜を食べない理由は、味覚が成長過程にあるからです。お母さんのせいではないので安心してくださいね。

そもそも人間の味覚は『甘味・塩味・うま味・酸味・苦味』の5つを感じ取ります。中でも酸味と苦味は『腐敗物』や『毒物』の味として、本能的に危険を感じるようにできています。

つまり、子供は野菜の酸味や苦味を感じると、本能的に「食べてはいけない危険物」と思うんですね。子供が野菜を嫌うのは本能であって、親のせいでも子供のわがままなのでもないことがわかります。

自分の小さいころを思い出しても、ピーマンやトマトなど、味にクセのあるものは苦手だったりしましたよね。

それが成長するにつれて、大体のものは食べられるようになっていきました。

子供も同じように、成長と共に色々な食体験を重ねていけば、野菜が毒ではないと分かって食べられるようになっていきます。焦る必要はないんですね。

無理に食べさせると逆効果

野菜嫌いの子供

子供が野菜を食べないからといって、無理に食べさせるのは逆効果です。

「食べないと大きくなれないよ」などの言葉は子供にプレッシャーを与えます。「体にいいから食べなさい」と言っても子供には理解できません。

それどころか、子供にとって「美味しくない」と感じるものを無理やり食べさせられると、トラウマになって余計嫌いになってしまいます。

子供の健康を心配する気持ちはよくわかりますが、野菜を食べないからといって叱ったり無理強いしたりするのは避けたほうがいいですね。

「野菜が出てくると叱られる」「イヤな思いをする」とネガティブなイメージを子供に持たせないよう気をつけましょう。

子供の野菜嫌いを克服する方法

野菜嫌いを克服

それでは、『子供の野菜嫌いを克服する方法』を5つにまとめてお伝えしていきます。

「これならできそう」というものがあれば、1つでも試してみてくださいね。

子供の好きなメニューにする

カレーやシチュー、ハンバーグ、スープなど、子供の好きなメニューにして、そこに野菜を入れるといいですよ。

子供の好きなメニューには、甘みのあるものが多いです。野菜の酸味や苦味が薄れるので、子供も野菜を食べやすくなります。

中には味だけでなく、野菜の見た目や独特のにおい、食感が苦手な子もいます。

そんな子には、野菜を細かく刻んだり、すりおろしたりして混ぜてやりましょう。野菜が入っていると気づかずに、美味しく食べてくれますよ。

そうやって野菜を美味しく食べる体験を重ねていくことで、野菜に対する苦手意識が少しずつなくなっていきます

見た目で楽しませる

見た目で子供を楽しませてやると、いつも食べない野菜を食べてくれたりします。

とは言っても、キャラ弁などは作るのが大変ですよね。

そんなときは『野菜用の型抜き』を使うと簡単ですよ。型で野菜をくり抜くだけで、好きな形に野菜をカットできます。たとえば、うさぎの形をした人参とかが食卓に出てくると、子供も興味津々です。

型の種類は花や動物、キャラクターなど、バリエーションも豊富です。Amazonや楽天でも販売されているので、よければ見てみてください。

大人が食べているところを見せる

大人が野菜を美味しく食べているところを見せると、子供も興味をもってくれます。

子供は大人の真似をするのが好きなので、大人が野菜を美味しそうに食べていると真似して食べようとします。

たとえ野菜に苦手意識をもっていても、パパやママが食べているのをみると、「自分も食べてみようかな」と思うんですね。

野菜の名前や食べ方などを教えてあげるのもいいですよ。野菜に対してポジティブなイメージをもたせてあげると、「危険な食べ物ではないんだ」とだんだん分かってきてくれます。

楽しく一緒に食べるのが大事なんですね。

野菜に触れさせる

なるべく野菜に触れる経験をさせると、苦手意識もなくなっていきます。

たとえば一緒にスーパーに行って野菜を選んだり料理するときに野菜をちぎってもらったりするのもいいですよ。そんなときは、「よくできたね」とほめてやると、子供はますます野菜に対してポジティブなイメージをもつようになります。

また、一緒に野菜を育ててみるのもいいですね。自分で収穫した野菜なら、子供も食べてみたくなるからです。

野菜と触れ合う回数が増えるほど、野菜に興味がわいてきます。苦手意識がなくなって、野菜を食べてくれるようになるんですね。

質のいい野菜を使う

有機野菜などの質の高い美味しい野菜を使うと、子供が野菜を好きになるきっかけになりますよ。

有機野菜のような質の高い野菜は、味が全然違います。感動するほど美味しいので、野菜嫌いの子供でも食べやすいです。

野菜の美味しさなら、らでぃっしゅぼーやがオススメです。

らでぃっしゅぼーやの野菜は品質にこだわりがあってとても美味しいです。

ミニトマトは酸味よりも甘みが強いので、子供も食べやすいです。人参はフライパンで蒸し焼きにするだけで甘いおやつのように食べられます。

野菜の美味しい食べ方の書かれたレシピも付いてくるので、そのとおりに作れば調理法で悩むこともなくなりますよ。

らでぃっしゅぼーやにはお得なお試しセットもあるので、気になった方は一度見てみてください。

らでぃっしゅぼーやの口コミ・評判!画像24枚のお試しセット体験談
らでぃっしゅぼーやの口コミは? 実際に使った体験談・感想は? らでぃっしゅぼーやのメリット・デメリットは? こんな疑問を解決する記事を書きました。 この記事でご紹介する『らでぃっしゅぼーやの口コミ・評判』と『実際に使った感想』を読めば、公式...

焦らず気長に付き合う

楽しい食卓

子供が野菜を嫌うのは味覚が成長途中だからです。色々な食を経験していけば、やがて野菜の味が分かって食べるようになっていきます。

子供の野菜嫌いには、焦らず気長に付き合いましょう。たとえすぐには食べてくれなくても、食卓に出し続けるのが大切です。

美味しい野菜を食べることが野菜嫌い克服のきっかけになることもあります。有機野菜などの質の高い野菜を使ってみるのもオススメです。

中でも、らでぃっしゅぼーやの野菜は一口食べて味の違いにびっくりするくらい美味しいです。

お得なお試しセットもあるので、気になった方は一度チェックしてみてください。

らでぃっしゅぼーやの口コミ・評判!画像24枚のお試しセット体験談
らでぃっしゅぼーやの口コミは? 実際に使った体験談・感想は? らでぃっしゅぼーやのメリット・デメリットは? こんな疑問を解決する記事を書きました。 この記事でご紹介する『らでぃっしゅぼーやの口コミ・評判』と『実際に使った感想』を読めば、公式...
この記事を書いた人
ワカバ

働く女性の”おうちごはん”に役立つ情報を発信しています。在宅ワークでおうちごはんが増えて5キロ減量→料理する時間と体力の節約のため、食材宅配を10社ほど利用→時短ツールを使いつつ、いろいろな料理に挑戦中です。

子育て